辻久ツジキュウブログ

屋根葺替工事

2019.03.01

2018年は地震や台風など自然災害が多く
家のメンテナンスを考える機会も増えました。
自然災害から快適な居住空間を確保するために
家の屋根は風雨をしのぎ、暑さ寒さを和らげるといった、
過酷な屋外の自然条件から生活を守る役割があります。
<城陽市K邸>
<施工前>
瓦のズレが原因で家の中が雨漏りしていました



<施工後>
下葺きゴムアスファルトルーフィング敷き

三洲平板瓦 新東セラムF2
屋根材は、防水性・耐寒性・耐熱性・耐久性といった性能に加え、
住宅の外観をつくる大きな要素となります。
新東の「セラムFシリーズ」はこれらの性能に加えて水平ラインを
強調したデザインが魅力の平板瓦です。
従来より20%軽量化されていますが、機能面は向上しています。

»

最新のブログ